エアアジアのキャンセルしたチケットの空港税の払い戻し方法

先日、バンコクからベトナム行きのチケットをキャンセルしました。というか、LCCだったのでキャンセルができなかったため、使用しなかった分は空港税のみ払い戻しができるとのことでしたので、払い戻しの手続きを行いました。

エアアジアを利用したのですが、ホームページが若干わかりにくく、参考にしたブログも少し前の記事だったのでホームページの記載が少し変わっていました。

空港税の払い戻しの流れ

よく記事ではe-formから空港税という選ぶボタンがあるのですが、現時点(2020年3月)ではなくなっていたのと、返金はAVAというメッセンジャーを利用するようにと書いてあったのでそちらを利用して行いました。
そこで色々質問されるのですが、聞かれる内容は以下の通り

  • 予約番号
  • 払い戻し方法※(私は2の口座への払い戻し)
  • 口座名義(アルファベットで)
  • 金融機関のある国
  • 金融機関名
  • Swiftコード
  • 銀行識別コード

払い戻し方法については以下を聞かれます。

1.クレジットアカウントに払い戻し(BIGメンバーアカウントに払い戻し額を貯め、次回以降の旅行に利用することができます。)
2.予約時のお支い方法に払い戻し(最初のご予約時に使った支払方法と同じ方法で、払い戻しを受けることができます。)

謎だったのがswiftコードと識別コードでした。
Swiftコードとは、各銀行のホームページに記載があると思います。三菱UFJの場合だと→BOTKJPJT (8桁) 国内全店共通 です。
識別コード→銀行の支店コードのようでした。(最初は銀行自体のコードだと思っていたのですが、それだとうまく行かず、支店コードを入力すると完了できました)

申請期日と返金までの期間

申請できる期間はフライト出発日以降〜6ヶ月以内です。
メールで以前問い合わせたところ以下の内容でした。

②お支払い頂いたクレジットカードへの返金
手数料:あり(空港税から手数料を引いて返金)手数料の参考は以下のURLより。
https://www.airasia.com/jp/ja/our-fares/fees-and-charges.page

返金までの所要期間:凡そ2か月半~3か月ほど
返金方法:お支払い頂いたクレジットカードへの返金
備考:弊社からカード会社様へは全額返金をいたしますが、その後の処理方法はクレジットカード会社によって異なり、利用額がそのまま返金される場合や、請求額から相殺される場合等

ちなみに私はバンコク〜ホーチミン間の片道フライトチケットで、払い戻し手数料は160バーツでした。空港税自体がドンムアンが700バーツですので、大した金額は帰ってきませんが、今回試しに申請をしてみました。


おそらく現在払い戻しがコロナウィルスの影響で多数発生してると見受けられます。エアラインや行き先によって、フライトチケット自体の返金も可能なものもあると思いますが、今回は通常での空港税のみの払い戻しのやり方となります。

海外のエアラインのホームページは無理やり翻訳な感じでちょっとわかりにくいので不安もありますがしっかり読んで期限内に申請してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました