高城剛氏おすすめ?噂のCS60を施術されてきた話

cs60健康
cs60体験

以前から気になっていたCS60を施術されてきました。私はひょんなことからCS60の存在を知り、腰痛も肩の使い痛みもひどかったので、横浜の治療院で施術してもらってきました。
ミトコンドリアの力で細胞を活性化?
え、なんか怪しい、、でも、整体でも鍼でもなかなかよくならない体に私はイライラしていると同時に諦めも芽生えてきました。
このまま踊りをやめてしまおうか。世間はコロナだし。最近は気力も以前ほどなくなってきたし。何をやってもその時は楽しいけど無力感が襲ってくることがありました。

CS60 すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングデバイス

CS60とは?

日本人の西村先生の考案した機器を使って細胞(Cell)を活性・スムーズに流れさせる(Smooth)、人体には60兆の細胞がある、ということでCS60という名前だそうです。体を(今回は全身やってもらいましたが)その機器でコロコロ押し当ててもらうようにしていきます。

人によっては激痛だった、気持ちよかった、などと反応がバラバラ。もちろん体の不具合程度にもよるのでしょうが。。。

事前に高城剛さんの本やメールマガジンでCS60のことを書かれていたので浅く事前知識を入れて行ってみました。

私の施術

まずは初診だったので、カルテに記入。
私は右肩の前の腱の部分、右腰がかなり痛く、全体的に体がおもーくなっている状態でした、その旨を会話しながら施術に入りました。

CS60は磁石が強烈なので、そのせいか、ビリビリした感覚を時々覚えました。

足、腰の部分は痛いという感覚はほぼなく、気持ちいいなーという感覚。足の甲が痛いっていう人が多いそうなのですが、私は普段から足の甲を出すという(バレリーナのトゥシューズの中の足の状態です)のをやってるせいか?全然痛くない。
痛みを覚えたのは右のこめかみ部分。あと、大胸筋の腱を引っ張っている筋肉の部分。先生に心配されたのはお腹の張り(生理だったのもある)
一番心配していた腰と肩はなんとも痛みはなく、普段気にしていない場所が痛い
病気かなー?と若干心配になりましたが、
こめかみ部分はおそらくストレス性、、ではないかと。とのこと。溜め込みすぎるときてしまうらしい。そんなに溜まってるかな、、と思ったんですが、もしかしたら腸内環境があまりよくないのでは、、?と最近思って色々調べていたので、腸は第二の脳、、ということで脳に来てるのか、、ちょっと心配ではありますが、普通に自分の手で触ったりする分には頭皮が凝ってるなーと思う程度です。(もしかしたら懲り自体もよくはないかなと)あとは腕全体が電気走ったみたいなビリビリ感がずっとありましたが、気持ち悪い感じではなかったです。

と、そんな感じで施術を終えて帰宅しました。

施術後の体の変化

腰、肩はこわばってたのはほぼほぼ取れてました。荷物をリュックで背負うといつも鈍い痛みとか引っ掛かりがあったのですが、それがなくなってた。
肩も芯の部分はまだ痛い感じはしていますが、両肩に乗っていた重たい感じが消えました。
その日はなるべくお酒は控えて、水分をとるように、、とのことだったので
お酒は(ちょっと飲んだけど)控えめ。お水をしっかり飲んで夜中の2時に寝て、翌朝は7時ごろに起きました。いつも二度寝が最近止まらなかったのだけれど、あれ、起きれたなーという感じ。起きた時いつも腰と肩が固まって痛いのに、それもなかったです。あと体全体が軽かったです。人によっては静電気がうまく流れずに重たく感じる人もいるようですが、私は問題はないようでした。

を飲んだり、西洋医学では今まで全然良くならなかったので、東洋医学に興味を持ち始め、そこからたまたま巡り合ったCS60は、なんか可能性を感じます。施術者によって効果のほども違うのかもしれませんが、またいろんな治療院にも訪ねてみようと思います。一週間ほど様子を見て見てとのことだったので、体内のミトコンドリアの力を信じて不安な時期ですが過ごしてみようと思います。

治療のお値段

初診料7700円・2回目以降は7000円です。
20分くらいのクイックコースもあるようです。おそらく基本的なお値段はどの治療院も同じと思うので、CS60で検索するとお近くの治療院が探せると思います。

まとめ

CS60がコロナに効く!みたいなことを言ってる人がいるそうですが、それはわかりません!ただ、免疫力は活性化するかもしれませんが、コロナには直接は効かないんじゃ、、と思ってますw
いろんな人のインタビューを見ていて、どこに行っても治らなかったのが、すごく楽になった、治ったって人がたくさんいたので試しに行ってみました。まだ完治はしてないと思うけれど、私も「もしかしたらまだ頑張れるかもしれない、諦めなくてもいいのかもしれない」そう行った可能性を見つけさせてくれました。
様子をみながら、今後も通ってみる予定です。

ミトコンドリアが気になってこの本も読んでみました。体づくり、パフォーマンスをあげることに興味がある人は是非読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました